ダンボールの選び方

ダンボールの選び方 お教えします

書類保存用のダンボールを選ぶ

- 8月• 04•11

事務所などではもちろんのこと、個人の家でもついつい溜まってしまうのが大量の書類。書類は1枚1枚を手に取るだけなら大したものに感じませんが、これが何百枚、何千枚という量になってくると話は別です。
かなりの重量になりますし、“かさ”も高くなります。しかも、重要な書類にもなると1枚足りないだけでも大変なことになってしまいます。書類を整理するための棚などの収納グッズは色々なものが出ています。こういうグッズは最初から書類を整理するために作られているので便利なのですが、書類というのはちょっと油断するとどんどん溜まっていきます。そのたびに新しい棚を買うわけにもいかず、途方に暮れてしまいます。
そこでご登場願いたいのが、ダンボールです。強度も充分ですし、中身と同じ紙を素材としているので相性も良く、大量の書類を良い状態で保存してくれます。
それでは、書類を保存するためにはどんな箱を選ぶべきでしょうか。最も大切なことは、充分な強度があること。そのためには一定の厚みが必要になると思います。
次に、最低限でもA4サイズが入る大きさは必要であるものの、あまり大きなものではないほうが望ましいと思います。できれば小さな箱をたくさん集めたほうが整理もしやすいのではないでしょうか。