ダンボールの選び方

ダンボールの選び方 お教えします

無敵なダンボール

- 4月• 20•12

物を運ぶことはもちろん、収納や工作もできるダンボールは何も怖いものナシのような気がしますが元が紙なだけに水分には勝てません。
湿気の多い所だと一気に波打ってきてカビが生えてきます。
そしてダンボールは紙の間に空間ができることから保温効果があり虫が付きやすいという欠点があります。
それらが大丈夫というダンボールがあったらもっといろんなことに使えますよね。
今は驚くことに防虫、防水機能のあるダンボールがあるのです。
ダンボールに虫がついたら嫌だという人はすぐダンボールを資源ごみに出します。
なるべく家に置きたくないという人も多いです。
収納も一切ダンボールは使わないという人もいます。
そういう人には防虫効果のあるダンボールはありがたいですね。
防虫効果のあるダンボールはバイオプリントR液&インキを使っています。
雑菌、防虫効果が半年から1年もつといいます。
防水効果のあるダンボールはダンボールの表面に強力な遮水層をつけているので冷凍品、冷蔵品、水産物を入れても大丈夫なのです。
このダンボールの中で魚が泳げるぐらい大丈夫です。
そのままリサイクルも可能です。
これはダンボールなの?と聞いてしまうようなダンボールですね。
虫にも水にも強いとなると無敵です。