ダンボールの選び方

ダンボールの選び方 お教えします

本を片付けよう

本をお読みになりますか。

本が好きという方は多いですよね。
どんなものをお読みになられるでしょうか。
小説ですか?雑誌ですか?それとも学書ですか?
本とひとことで言ってもたくさんの種類の本がありますよね。

本はサイズもバラバラです。
雑誌はA4サイズのものもあればB5やB4タイプのものもありますし、雑誌によって大きさが異なります。
そして文庫や単行本、そして新書とたくさんのサイズの本がありますよね。

それに適した本棚といってもなかなかないものです。
読み終わって、本棚になくてもいいけど古紙に出してしまうのはちょっと…という自分の手元に置いておきたい本ってありますよね。
押入れの奥底でもいいから眠らせておきたい本や雑誌などはそれ専用のダンボールに入れて保管するのが良いですよ。

本を保管する専用のダンボールがあるのをご存知でしょうか。
文庫なら文庫サイズのダンボール、新書なら新書サイズのダンボールとサイズ別になっているダンボールもあり、ムダなくきっちりと入れて保管することが可能です。

大切な本だからこそ、ちゃんとした状態で保存したいですよね。時間によって色あせることなく保存状態がイイ状態で再び時間が経ってから読みたいものですよね。

ダンボールで大切な本たちの時間をストップして保管しませんか。

キッズコーナーを設置しよう

今、いたるところでキッズコーナーを見かけませんか。
携帯電話会社やディーラー、保険屋さんや賃貸仲介店舗などキッズコーナーを設置してるお店が多くなっていますよね。
ど、いうのはやはりファミリー層を集客したいからというところにあります。
小さなお子様がいるご家庭だとお子様が飽きてしまってグズってしまってゆっくり話をできないまま店を出てしまうことになるので、それではお店側も困りますよね。
ですからキッズコーナーを設置してお子様が飽きないよう工夫しているのです。
あそこのお店はキッズコーナーがあるから安心して行けるよという来店理由はとても武器になりますし、ママさんたちの間の口コミによる集客効果も絶大ですからキッズコーナーを設置することはとても重要といえます。

しかし、意外とキッズコーナー設置にはお金がかかるものです。
キッズコーナーはただ設置するだけではダメですよね。
安全面や飽きのよないものや子供が好きそうなカラーなどそういったものを考慮しなくてはなりません。

そのため、キッズコーナーには安全でなおかつデザイン性もあるものを選択した上でさらにコストを抑えたいところですよね。

ダンボールでできた安全なキッズコーナーがありますから他のものに比べるとコストがかからずさらに安全性の高いものになっていると思いますよ。

ダンボール工作をしよう

ダンボール工作は昔から子供にとってはとても楽しい工作でしたよね。
今でも子供たちはダンボールが大好きな子供が多くダンボール工作はとても人気があります。

そんなダンボール工作ですが一番親が心配なのはカッターでダンボールを切る工程です。
しかし、今はダンボールキットが市販されていて最初から部品がカットされているものも多くあります。

ダンボール工作のキットでは小さなお子様が遊ぶようなサイズのダンボールハウスから、動物や昆虫、車やF-1カー、ドールハウスや恐竜など様々なダンボール工作キットが存在します。

夏休みや冬休みになると子供たちの自由研究に困りませんか。なかなか子供たち発案のものだとパッとしないものも多く、結局は親がそういったものを買い与えて作らせるというのも多いですよね。

こまったときはダンボール工作キットを与えると子供も楽しんでそして簡単に作ることができ、時間もそれほどかからず完成することができますよ。

ダンボール工作も今は様々なダンボールを使用していてカラーダンボールをつかって色がはじめから付いているダンボール工作キットもありますし、あえてクラフトカラーで雰囲気を魅せる恐竜の化石工作などもあります。

子供たちはダンボール工作をいくつも作りたくなるかもしれませんね。

子供服をダンボールに

小さな子供の服ってどうしていますか。
子供の服って何枚あっても足りないという主婦の方が多いですが、子供の服というのはとても増えていくものですよね。
知らぬ合間にどんどん子供の服というのは増えていき、大人の服よりも断然子供服のほうが多いという家庭も多いのではないでしょうか。

しかし、子供服の収納って困りませんか。
増え続ける子供服だからこそ規定のタンスではなかなか入らなかったり、タンスを購入したくても子供が開けるのはちょっと背が高すぎたり…子供が安心して開けられるような高さで収納力のあるタンスがないかなぁと探していませんか。

木製でできたタンスはなかなか背の低いもので収納力のあるものというのは見つからなかったりしますよね。
そういったときダンボール家具はどうでしょうか。

ダンボールでできたタンスならお子様の背の高さでも安心して開けることができますし、もし万が一引き出しが落ちてしまってもダンボール製なので下敷きになってしまったりしても安全性が高く、足などをケガする心配もありません。

さらに、部屋の模様替えなども軽いのですぐに移動できますし、ダンボール製なので不要になってしまったときはリサイクルに出すこともできます。

ダンボール家具はしっかりとした丈夫なダンボールでできていますので長持ちしますよ。

子供のはじめての机にダンボール

子供たちにとって自分だけの机というのはとても特別なものです。
しかし、子供に机をはじめて与える機会というのはほとんどの場合が小学校入学とともに購入する学習机ではないでしょうか。

しかし、就学前のお子様でも自分だけの机が欲しいとねだるコもいると思います。
しかし、学習机を購入したとき、その机は確実にいらないものになってしまいますよね。だからこそ、机は簡易的なもので良いのではないかと思います。

子供のはじめての机にダンボール製の机とイスはどうでしょうか。
子供用のダンボール家具として机とイスはインターネットなどを見ると種類も豊富でカラーダンボールを使ってるもののあり、とてもかわいいです。
簡易的なもので子供のお絵かきや工作をするには充分な強度を保ってるものばかりです。
小学生になり本格的な学習机を購入したときにはそれをリサイクルに出すことができますからゴミになる心配もありません。
子供が自由にらくがきできる机としても良いかもしれませんね。

イスも同じくダンボール家具として出ていて子供の重さに耐えられる強度のものですので簡単に潰れてしまうなんて心配はありません。

ダンボールのあたたかさとぬくもりを感じながらのはじめての机ライフ、子供たちに楽しんでもらうのはいかがでしょうか。

おみこしはダンボール?

お祭りシーズンになると各地ではお祭りが行われますよね。
お祭りといっても様々なお祭りがあります。
代表的なものは各神社でのお祭りですが、学校行事としてもお祭りや子ども会や児童館などのお祭り、地区のお祭りや自治体のお祭り、そして町内会のお祭りがあります。

そういったお祭りの中で、子供たちが楽しみにしている御神輿がありますか?
神社などでの本格的なお祭りでは御神輿の上に人が乗ったりして迫力のある御神輿を見ることができますが、子供神輿や町内会のお神輿などはどんなものでしょうか。

お神輿は木材で作られてるものが多いと思いますが、木材のお神輿は当然のことながら相当重いです。
その重いものを大変な想いをして数人で担ぐからこそ良いものなのかもしれませんが、子供たちが担ぐには重たいものもありますし、安全性を危惧する声もあります。

そんなときはダンボール製のお神輿はどうでしょうか。
ダンボール!?と思うかもしれませんがダンボールお神輿を開発し商品化してるダンボール業者もあります。

ダンボール製なだけで見た目にはダンボールとはわからないぐらいの完成度の高さで見た目は木材のもののように見えます。
神社の本格的なお祭りには向いてはいませんが、子供会や町内会のお神輿にはダンボール製のお神輿が良いかもしれませんね。

重なる書類を片付ける

企業ではたくさんの書類が毎日生まれますよね。
必要のない書類は毎日シュレッターにかけられ処分されてると思いますが、それでも必要な書類だけみてもとてもたくさんの書類があると思います。
しかし、それらを整頓するのってけっこう大変ですよね。
ファイルに入れて保管していてもすぐにいっぱいになってしまいます。過去の書類を残しておく義務がありますから過去のファイリングした書類も保管しなければなりません。

そういった書類たちをどう保管していますか。

実はそのためのダンボールが存在します。
たとえばA4サイズの文書保管用のダンボールは通常よりも少し強度が強くA4の紙がジャストで入る設計になっています。そのほかにもB4サイズやB5サイズなど用紙の大きさによって分けられたダンボールやファイリングしたものをダンボールに入れる文書保管用ダンボールもあります。
ダンボールの表面にどんな書類が入っているかを書き込める部分があり、表面には文書保管とあらかじめプリントされているのです。

そういったダンボールをうまく利用して会社内の書類をわかりやすく保管できることが理想的ですよね。
いつの書類がどのダンボールに入っているかをわかりやすく保管できますので安心ですね。

ダンボールで種類整理しませんか。

写真を折らずに送るには

お手紙を書いたり、贈り物をするときに意外と写真を入れる機会って多くないですか?
特に小さな子供がいるご家庭などでは、子供の写真を遠方のおじいちゃん、おばあちゃんのところに送りたいというときや、遠く離れた親戚に写真を送りたいというとき、趣味の友達に趣味で撮った写真を送りたいというときなど写真を送る機会というのは意外とあるものです。

しかし、写真を送るって意外と考えてしまったりしませんか。普通のL版だと送りやすいのですが、ちょっと大きなサイズになってしまうと折れ曲がってしまったりする心配がありますよね。
普通郵便などで送る場合はどんな扱いをしてるかわかりませんから写真が折れてしまう可能性もあります。

ですから写真をダンボールで挟みましょう。
ダンボールを写真より少し大きめにカットして同じものを2枚用意します。
送りたい写真を2枚のダンボールの間に入れて封筒に一応、折曲厳禁 と書いて送りましょう。
するととてもキレイな状態で相手に届けることができますよ。
写真が大きいサイズになればなるほど折れないか心配なものです。
しっかりと梱包して送ることで折り曲げは防ぐことができますよ。

キレイな状態で届くことで貰い手もきっと写真を大切に扱ってくれることでしょう。
写真を届けるということはあたたかみがあることですね。

メール便で送りたい!

今、企業や個人の間でとても便利で使われている発送方法があります。メール便です。

メール便はA4サイズで少し厚みのあるものまで80円で送れるのでとても便利ですよね。
郵便だと定形外の料金になるところを宅配業者が簡易宅配として80円で全国どこでも届けてくれるのがありがたいサービスです。

そんなメール便ですがDVDを送ったりCDを送ったりするときにちょっと心配じゃないですか?
割れてしまわないだろうか…と思ったりしませんか。
メール便は簡易宅配なので郵便受けに投函されます。そのとき衝撃があるかもしれませんし、簡易宅配なのでどういった扱われ方をしてもわかりませんからちょっと不安ですよね。

ですからちょっとした割れ物なので専用のものに入れて送ればその心配もなくなりますよ。
ダンボール製のDVDやCDを入れるメール便サイズの封筒を使うと良いでしょう。

大きさや厚みはもちろんメール便サイズで作られていて、中に緩衝材が入っているのでその間に入れるような形になり、通常のメール便として発送するよりも格段に衝撃に強くなります。

遠く離れたおじいちゃんおばあちゃんに子供のDVDを送りたいという場合や、自分の演奏を入れたCDを送りたい、データが入ったCD-Rを送りたい…そんなときにそのような専用封筒を使うと良いですよ。

ワインを送ろう

ボジョレーヌーボの解禁など、日本でもワインを楽しむ人が増えましたよね。
ソムリエの資格を個人的に取得してる人も多いと思います。良いワインは手に入るのはタイミングだといわれており、貴重なワインが手に入ったり、自分が求めていたワインを人に送ったりしてワインは伝わっていくものです。

ワイン好きの方はワイン仲間がいらっしゃることが多いのではないでしょうか。
そのワインがいかに素晴らしいのかを共感してくれる方がいるとさらに楽しくおいしく感じますよね。

そんなワイン仲間やお店、友人などにワインを贈りたいというとき、どうやって贈ってますか。
ワインは瓶なので発送するときはとても注意が必要ですよね。割れ物な上に中にはワインが入っていますからとても注意が必要です。

梱包でぐるぐる巻きにして隙間に緩衝材を入れて送ってると思います。ワインといえば木材でできた箱なのでそういったものに入れて送る方もいるかもしれません。

しかし、ダンボールでもワイン用があると知っていますか。
ダンボールは通常よりも強度の高いもので作られ、一本一本が接触しないようにダンボールの中で仕切られ、きちんと瓶を立てた状態で運べるものです。
そのダンボールに入れて送ると複数のダンボールを簡単に送ることができます。
ワインを軽く梱包材で巻いて仕切りの中に入れるだけです。梱包の手間もかなりはぶくことができますよ。